当店が田辺にあったころ
よく来てくれたお客さん

実家は大阪だけど
東京に住居を移しはったので
ここ数年はソウルメイトになっていたけど(笑)

田辺時代は
タクシーでバーーーーンと店頭に乗りつけては
一言
『ロッケンロール!』と叫んで
またそのタクシーで去っていく とか
それ何回やってたかな?笑


根っこからバンドマンで
当店でアコースティックライブも催したことがあったね




大阪で毎年開催されてるライブに
久しぶりに出るから
観に来て、一杯おごるし、と電話がかかってきたのが
6月の真ん中くらい
やっぱ電話切るときは
『ロッケンロール』


LINEでライブの詳細よりも
自分の写真の方が多く送ってきてるやん


ライブ観に行った
でも本人がいなくて


ああ
また体悪いんだろ~な~と思って


観に来たよ~
いないのね~、とだけLINEした






数日前に
共通の知り合いの人から

あのライブに私が行く2,30分前までそこにいて
そして具合が悪くて
病院に運ばれて
その二日後にあの世にいっちゃったことを
聞いた

いつも前向いて進んでるから
後悔はしない性質だけど
ああ もうちょっと早く行けたら
会えたな~、


でも
よくよくよーく考えたら
しんどい姿じゃなくて
私には電話で元気な声を聞かせてくれて
それが最期だったってことは
良かったんじゃないか?!と思う


ブログのタイトル
行き場のない想いはどこ行くんだろ?
って書いたけど
持って行ってくれたんだ、と
今は思ってる



それでは
私からの最後の返事を














ロッケンロール。